ビフィズス菌サプリランキング|いつ飲むのがおすすめ?

ビフィズス菌サプリメントってどんなものがあるのでしょうか?こちらではランキング形式で紹介しています。

 

またその前にちょっと気になる「ビフィズス菌と乳酸菌と違い」や「いつ飲むのがいいのか」なども解説しています。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いって何?摂取する前に把握しておこう

普段あまり意識せずに同じような意味合いで使っている人も多いかもしれません。

 

善玉菌か悪玉菌かという分類をすると、これら2つはどちらも善玉菌に分類されますが、ビフィズス菌と乳酸菌は全く同じものではありません。

 

(参考URL:http://cremoris.fujicco.co.jp/lact_bifidus/

 

乳酸菌とは?

名前の通り、代謝物として乳酸を作り出します。ブドウ糖を使って乳酸を作り出すのですが、効率よく乳酸を作り出すのが特徴です。

 

糖から乳酸菌を作る菌の総称が乳酸菌という訳です。

 

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌も同じくブドウ糖を消費して乳酸を作り出しますが、乳酸菌ほど効率よく乳酸を作りません。

 

その代わり、酢酸も作ることができます。効率が低い分は酢酸になっているというわけです。

 

ビフィズス菌も乳酸を作るわけですから、乳酸菌の一種ということになります。

 

またビフィズス菌は酸素に弱いという特徴があり、酸素の無いところでしか生きられません。

 

ビフィズス菌サプリを摂取する意味ってあるの?

ビフィズス菌は体内の健康にとって非常に重要なものですが、加齢とともに減っていきます。

 

また、ビフィズス菌の減少に合わせるように悪玉菌が増えていく傾向にあります。

 

さらに不摂生をしている場合、若くてもビフィズス菌が減ると言われています。

 

「じゃあヨーグルトなどから摂取したほうがいいね!」と思うかもしれませんが、ビフィズス菌は弱い菌なのでなかなか生きたまま腸まで届きません。

 

その点、ビフィズス菌サプリは腸まで届く工夫がされている物があるので、補給しやすくなっているという訳です。

 

ビフィズス菌サプリの選び方を解説!

以下の3つを考慮して選ぶことが大切です。

1、酸に強く、生存率が高いビフィズス菌が配合されていること
2、腸まで届く工夫がされていること
3、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖が配合されていること

 

ビフィズス菌サプリを摂取するときの注意点|いつ飲むのがおすすめ?

 

基本的にいつ飲んでも良いとされていますが、昼食後や夕食後などの決まった時間に飲むことで飲み忘れないよう工夫することをおすすめします。

 

 

ビフィズス菌サプリをランキングで紹介

ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖の特徴

サントリーが販売する「ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖」。

酸に強く生存率の高い「ロンガム種ビフィズス菌」を配合。

また、ビフィズス菌のエサとなり健康パワーを高めるミルクオリゴ糖や、食物繊維も配合されており、健やかな生活を送るためにも非常にバランスの良いサプリと言えます。

脂質ゼロというのも嬉しいですね。

価格 2,700円(税込)
評価 評価5
備考 定期コースで2430円(税込)

ビフィーナSの特徴

多くのシェアをとっていると言えばビフィーナSです。

ビフィズス菌(ロンガム種)だけでなく、乳酸菌とオリゴ糖も含まれています。

このサプリには「ハイパープロテクトカプセル」という独自の手法で製剤化されており、90%以上の生存率で届けることができるという特徴があります。

「ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖」に比べると少し高いのが難点ですが、人気の商品です。

価格 3856円(税込)
評価 評価5
備考 初回限定2980円(税込)

乳酸菌革命の特徴

「乳酸菌革命」も人気の高いサプリの一つです。

ビフィズス菌の他、15種類の乳酸菌が配合されています。

この商品は数多くの乳酸菌を摂取することが良いというコンセプトで作られています。

胃酸に強い耐酸性カプセルを用いて、腸まで運ぶという方法がとられています。

ビフィズス菌以外にも沢山の種類の乳酸菌を摂取したい人に向いています。

価格 2880円(税込)
評価 評価4
備考 定期コースで2730円(税込)