最近話題の腸内フローラとは?

 

腸内フローラとは、一言でいうと腸の中に生息している細菌の集団のことです。(フローラ=全ての植物の種の総体を意味する。お花畑。)

 

顕微鏡で見ると様々な種類の細菌が、上の図のようにお花畑のように見えるらしく、そこからこの名前が付いたそうです。

 

腸内には大きく分けると3種類の菌がいます。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種です。

 

 

善玉菌の中でよく知られているのは、乳酸菌やビフィズス菌などですね。

 

悪玉菌で代表的なものは病原性大腸菌やウェルシュ菌です。これらの菌は代謝物として有害物質を作ると言われています。

 

日和見菌というのは、中立な立場にいるような菌ですが、多い方に味方すると言われています。

 

 

重要なのは、日和見菌が細菌の大多数を占めているということです。

 

悪玉菌優勢になれば、日和見菌が悪玉菌の味方になり、より悪玉菌が優勢の環境になります。

 

逆に善玉菌優勢になれば、細菌の大部分が善玉菌側に味方することになるので、より善玉菌が優勢になります。

 

ですので、「善玉菌が悪玉菌より優勢な環境」が腸内フローラの良いバランスと言われれています。

 

 

善玉菌はどうやって摂取するの?

善玉菌は基本的に体内で勝手に増えていくものではないので、食べ物など外部から摂取する必要があります。

 

ヨーグルトやチーズ、漬物、みそや納豆などの発酵食品に乳酸菌やビフィズス菌が多く含まれています。

 

和食中心の生活の人は比較的多くの善玉菌を摂取している可能性が高いですが、そうでない場合は平均よりも摂取量が少ない可能性があるので注意が必要です。

 

また腸内フローラは生活習慣にも関係しているので、健康的な生活を送ることも重要です。

 

適度な運動や良質な睡眠、規則正しい生活、ストレスを溜めない生活も心がけましょう。

 

善玉菌を摂取するときに気を付けるべき2つのポイント

 

・腸まで届く可能性の高い丈夫な乳酸菌を摂取する
・善玉菌のエサとなる水溶性食物繊維やオリゴ糖なども一緒に摂取する

 

水溶性食物繊維の多い食材

・もち麦
・にんにく
・ごぼう
・納豆
・きんかん
・アボカド
・オクラ
・いんげん豆

 

ただし、水溶性食物繊維を一度にたくさん摂取することは難しいですし、毎日摂取するのも簡単なことではありません。

 

また、通常の発酵食品で丈夫な乳酸菌を摂取することも簡単ではありません。

 

忙しい毎日を送っているのに、毎日食べるものを気にしながら生活すること自体ストレスの元になってしまう人もいるでしょう。

 

そういう場合には、サプリメントを利用するのも一つの手です。

 

 

乳酸菌サプリメントの中には比較的丈夫な乳酸菌や、大腸まで届くオリゴ糖を配合してくれているものもあるので、何も考えずに簡単に摂取することが可能です。

 

また、不足しがちなビタミンや健康成分なども配合されているので、健康習慣を作るには非常に優れています。

 

腸まで届く2つのチカラで注目のサプリ

腸内フローラを目指す人におススメの乳酸菌サプリは「ラクテクト」です。

 

 

しば漬けから見つけた丈夫な植物性乳酸菌「プロテクト乳酸菌」が入っており、しっかり腸まで届て乳酸菌のエサとなるオリゴ糖(ラクチュロース)も配合されています。

 

不調が気になる方はラクテクトの防ぐ力を試してみるといいですよ。

 

⇒ラクテクトを見に行く